会社紹介
電気暖房システム
乾式床暖房システム
道路融雪システム
除氷除雪システム
特殊電線
VIE RUS CHI ENG KOR

電話

メール

お見積依頼

ブログ

除氷除雪システム

屋根融雪

屋根融雪整温電線
冬季の雪による荷重によって発生する構造の流失と、いろんな屋根の損失を最小化させる屋根融雪システム
一定の熱を発生させることができる整温電線(無電磁波ヒーティングケーブル)は、冬季の屋根の雪と氷が溶けた水(解氷水)が円滑に排除されないために発生し得るアイスダム、つららの落下、屋根の漏水及び構造物の破損などから、人命と施設を未然に防ぐことができる製品です。
屋根融雪整温電線の内部構造図
屋根融雪用の整温電線は、製品が外部に露出されて、太陽の光にダメージを受けないように、UV安定剤を添加し、紫外線に強い特性があり、耐久性に優れています。
雪による荷重によって発生する構造の流失や、屋根のいろんな損失を最小化するように設計されたケーブルです。
BUSINESS BASED ON TRUST
革新的な技術力が安全な生活を保障します。
なぜENERPIA屋根融雪整温電線か?
  • 配管ラインの温度の変化に応じて内部抵抗が変化して発熱量の自動調節が可能
  • 局部過熱や焼損現状からより安全
  • 自己制御型ヒーターで節電効果が大きく寿命が半永久的なため、他のメンテナンスをする必要なしに安全に使用可能
  • 電磁波遮断で安全な製品
  • 無限並列回路であるため、現場で、用途に応じて、無駄な電線の使用なく、切断、連結施工が可能
  • 腐食がなくて、 半永久的寿命
おすすめの設置場所
温度維持用途で使われる整温電線は、冬季の雪によって発生する数々の損失を最小化させて、強い耐久性と長い寿命で、リーズナブルで優れた発熱線です。
  • 倉庫
  • 住宅
  • 施設物
  • リゾート
ボイラー工事が難しい場所、温度維持が必要な場所(住宅、ビニールハウス、倉庫及びリゾート等の各施設物の屋根)にENERPIA 屋根融雪整温電線が適切です。
屋根融雪整温電線の仕様表
品番 GR 40-2CR
使用長さ 100M/roll
電源 40
最大の許容温度 85℃
連続使用温度 65℃
導体 18AWG
サイズ 13.0mm(W) x 6.8mm(H)

*標準発熱量 : 10W/m, 16W/m, 24W/m, 30W/m
*ボビン込み、箱は除く

屋根融雪整温電線の施工方法
  • 1 屋根用クリップの設置

  • 2 屋根融雪用整温電線の設置

  • 3 性能検査

  • 4 制御パネルの設置

  • 屋根融雪整温電線 (パンフレット)
  • 屋根融雪整温電線
    建物の屋根及び各施設を、冬季の雪による荷重によって発生する構造の流失、屋根の損失等を最小化させて安全に守ってくれる最適な製品


    周りの温度に応じて、電流の流れが変わることで、発熱量を調節する、
    自己温度制御機能(Self-regulatingfunction)を有している製品で、過熱や蓄熱による火災が発生しない安全な屋根融雪用熱線製品になります。